中性脂肪を下げる薬ですが、中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)が高い人によく処方されるのが、フィブラート系薬剤です。 フィブラート系薬剤は、コレステロールや中性脂肪(中性脂質ともいい、脂肪酸のグリセリンエステルのことをこう呼びます)を下げるように働きかける薬で、中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)の増加などが原因で起こってしまう動脈硬化といったを防いでくれるといった働きもあるといわれています。 ただし、薬に副作用はつきものであり、飲みすぎると肝機能などに悪影響を及ぼしかねませんので、くれぐれも注意してください。 中性脂肪が基準値を超えており、これ以上中性脂肪が増えれね身体に悪いと医師が判断した時に処方されますが、ドラッグストアなどで購入することはできないため、必ず医師の診断が必要となります。 また、フィブラート系薬剤の他にも、 ニコチン酸製剤のように脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)の吸収を防いでくれる薬もありますし、病院によっては漢方薬を処方することもあるらしいです。 でも、中性脂肪を薬で下げることに否定的な見識者もいますし、薬を服用するのが日常化すると身体にもよくないでしょう。 副作用が起きてしまうこともありますから、できるだけ食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)や運動等の生活習慣を改善していくように心がけてくださいー